読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画雑記

映画、アニメ、マンガをレビューしてます

子連れ狼 冥府魔道

今回、日本国立美術館フィルムセンターの三隅研次特集にて再上映された。
自分は海外版のブルーレイを持ってるがフィルムセンターの再上映は少しキズが見れたもののフィルムの保存の状態がいいのかブルーレイよりも遥かに高画質で綺麗な発色だった。
こういうバカ映画を家で1人で見るのも良いが観客と一体になって笑うのも再上映の醍醐味だ。
そういえば数週前の剣の再上映では上映後拍手まで起きていた。

たしかに娯楽映画としてのシリーズ最高傑作は二作目の三途の川の乳母車だ。
しかし時代劇としてのシリーズ傑作は冥府魔道だ。
前作で行きすぎた荒唐無稽描写から軌道修正。
飛び道具無しの硬派な作品になってる。
1番三隅研次監督らしさが出ている作品で徹底した刀による人体断裂描写も監督が斬る事にこだわった結果だと思う。
今回奇をてらったカメラワークも少なく正統派な時代劇にもかかわらず面白いのはさすが三隅研次監督と思う。
同監督の眠狂四郎無頼剣と同じくエロシーンも無い。
ストーリーは一本の筋からあまり逸脱する事なく分かりやすいはずなのだが少し煩雑な印象を受ける。

三隅研次監督は72年の1作目子貸し腕貸しつかまつるでゴア描写に開眼。
74年のこの作品でシリーズを降板
次回作を75年に狼よ落日を斬れを撮影の後他界してしまう。
これからの活躍を新たに期待した監督だが残念だ。
国内外問わず映画業界に残した影響は計り知れない監督だと思う。

サイボーグ009vsデビルマン

無茶振りなクロスオーバー作品だと思ったが案の定無茶なクロスオーバーでした。

そもそも009とデビルマンの共通点といえば神と戦ってるくらいである。
デビルマンのデーモン族は地球を破滅させる位強いし009どーすんだと思ったが上手くまとめ上げ違和感少なくしていた。
そこは監督である川越監督がかつて永井豪作品とサイボーグ009をアニメ化して双方を知り尽くしていたからだろう。
川越監督のツッコミどころは強引に気合いでねじ伏せる展開が成せる業だ。

しかし不満点も少なくない
例えばサイボーグ009の平成アニメ版でも言える事だが009のメンバーを活かしきれないのは相変わらずだった。尺が短いのでより顕著だった。
やはり001〜4と9しか見せ場が無い。

3話だしテンポがいいのでそこそこ見れる作品にしあがってる。
次回作に期待する

山口組三代目

分裂した山口組が世間を騒がす今日
今だといわんばかりに東映ビデオがついにDVD版を発売

山口組三代目の田岡の自伝である
正直僕はもっとドロドロとした取るか取られるかの実録ヤクザ映画を期待した。
実録ではあるんだが、健さん主演ということと戦前が舞台ということで実録ヤクザ物の前の任侠映画に近い雰囲気。
仁義なき戦いのような物を期待すると肩透かしを喰らうか。
しかしヤクザではみ出し者であるがマジメな俠客の高倉健の良さは十二分に引き出されてる。
網走番外地とか好きな人にはオススメ。

クライマックスの高倉健vs菅原文太はこの映画の見所。

誘拐の掟

最強の暴走オヤジからうってかわり
贖罪がテーマの重いハードボイルド探偵物

重厚な雰囲気の割に話は薄味。
ランオールナイトとどうしてもテーマが似ているので比べてしまう。
ランオールナイトがアッパー系ならこちらはダウナー系。
雰囲気的にはこちらのほうが好みかも知れない。

アクションは少なめ。
でもやはり少し無敵。

どうやらシリーズ物なので今後も続編が続いてマット・スカダーのキャラが掘り下げられて行けば良いシリーズになりそうな気がする。

超電磁ロボ コン・バトラーV 前半

超電磁ロボ コンバトラーV 3話
富野由悠季の演出回
スパロボではいつも最初から仲間で知らなかったが最初は四ツ谷博士は世捨て人なんだな。
自然を破壊してる人間は滅びて当然と言ってる。それを決死の説得する南原博士。
辻真先の脚本って事もあるんだろうけどハードな内容だ。

冒頭からロボットアニメを見てる豹馬
メタすぎ
超電磁ヨーヨー初登場なんだけど
ヨーヨーが武器って発想も凄いが
ヨーヨーの発想を思い付くヨーヨー名人のシーンが実写というのに度肝抜かれるw
画面分割に止め絵もあるけど出崎哲の演出であった

7話
前話でガルーダとの戦いで両腕に重傷を負った豹馬は両腕を人口細胞を使った義手にする。
義手に目をつけたキャンベル星人は敵の手先になった勝田博士を使い義手に毒を仕込む。
毒に苦しむ豹馬。
と並行する形で勝田博士の話が描かれる。ガルーダの元に帰った勝田博士は用済みという事でどれい人間にされてしまう。
どれい人間は作業の他キャンベル星人の下っ端の足揉みをしたりさせられる。なんとか励まし合いながら乗り切るどれい人間を見た勝田博士は改心。脱走し兵士の集中砲火を浴びながら解毒薬の作り方を四ツ谷博士に教え、四ツ谷博士に謝罪しながら絶命する。
この回はとにかく鞭で打たれ過酷などれい人間の描写と毒に苦しみ悲鳴を上げながら悶絶する豹馬とサディスティックなシーンが満載だ。

16話
この回はちずるのシャワーシーンがある
バンダイチャンネルではやたらこの回の視聴数が多い

19話
大作がどれい人間にされた家族を助けに大活躍する話
大活躍ぶりが尋常じゃない。
大作の変装が意外すぎる。

劇場版CLANNAD

前作airは出崎演出と美少女アニメがコラボした結果超時空異次元スポ根美少女アニメが誕生してたが

今作クラナドは出崎演出もくどくなく割と地に着いた演出だった

90分では原作のゲームを語るの到底は無理だ

ツッコミどころは多いしキャラ改変もファンは文句言うだろう

しかし明るいクラナドと思えば見れなくも無いと思ってしまった。