読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画雑記

映画、アニメ、マンガをレビューしてます

極道大戦争

近年の三池監督といえば神様の言うとおり、テラフォーマーズ忍たま乱太郎ヤッターマンなどの映画でお茶の間映画作が続きました
今回は原点回帰ということで極道恐怖劇場牛頭、ビジターQ、デッドオアライブ、極道戦国史不動などの三池監督が得意とした不条理バイオレンス路線です

はっきり言って内容は好き嫌いが別れると思います。
マジメにヤクザ映画、ゾンビ映画、ホラー映画は期待しないで下さい。
僕が初日に映画館で見た時後ろの観客が激怒して「こんなん映画じゃない!」と怒鳴り散らしていました。
その通りこの映画は無茶苦茶です。
すべてのネタは投げっぱなしです。

三池ワールドが爆発してます。なのでかつての三池監督が好きな人は気にいると思います。懐かしい気分になります。意味の無い目玉焼き、クライマックスは大爆笑です。
ザ・レイドシリーズのヤヤンさんのアクションも内容とは裏腹にキレッキレでカッコ良いです。
でんでんさんファンにもオススメ。

今回のブルーレイですが、画質音質は問題無いと思います。オーディオコメンタリーは監督、市川、でんでんで映画を見ながら「意味わかんね〜」と映画にツッコミを入れながらワイワイとしたコメンタリーでした。

特典ディスクはDVDです。
メイキング1時間
数種のイベントと舞台挨拶、予告、スピンオフのアニメです。
舞台挨拶ですが最初告知されていたカンヌ映画祭の映像は収録されていませんでした。三池監督の女装見たかったです。
あと何故か特典ディスクがDVDなのもガッカリです。

三池監督がどんな人か知らない人にはオススメしません。
昔から三池監督大好き!って人には激オススメです。