読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画雑記

映画、アニメ、マンガをレビューしてます

THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦 DC版

映画 日本映画 押井守
初日観てきた。

新宿ピカデリーにて舞台挨拶回を見た。
自分は連続シリーズの1章から7章、公開版の首都決戦も映画館で観て、いくつかは舞台挨拶も観た。
実写シリーズは良くも悪くも良いとこもある悪とこも多いというのが全体の印象だ。

単刀直入にいえば5月に全国で公開されたのは90分版で良かったと思う。
今回の120分版は押井守っぽさが濃かった。それでも押井守作品では分かりやすいし、押井守のイズムが分かりやすく前面に出てると思う。
これは一般向けではないと思った。
舞台挨拶で監督はディレクターズカットは大体面白くないと言ってたがまさにブーメラン発言だった。
だが押井守テイストがご褒美に感じる人もいる、まぁ自分だけど。
信者的には90分版で不満というか物足りなさを感じたとこは補完されたと思う。

改めて観て思ったのはヘリ同士の空戦シーン。
古今映画でヘリ同士の戦いってのはなかなか無かったと思う。これを長く見せてくれたのはニッチな戦い好きには美味しかった。
銃剣格闘もまた長くなってて嬉しい。
真野ちゃんも格闘シーンできるんだから下段回し蹴りだけじゃなくガッツリした見せ場欲しかったな。
大田原とひろみちゃんのシーンはあまり追加なかった。特2の馴れ合いももっと追加欲しかったなぁ。